歯科医院専売歯ブラシ 通販

歯ブラシ一つで歯の健康状態が変わる!歯科医院専売歯ブラシなら「ピュアデント」へ!

歯科専売歯ブラシは、歯医者さんで販売されている歯ブラシです。一般的な歯ブラシと歯ブラシの質も変わるので、最近は歯科専売歯ブラシを使用する人が多くなっています。ここでは、歯科専売歯ブラシの魅力をお届けします。

歯ブラシの重要性について

歯ブラシをする理由とは?

自分の歯を綺麗に保っていく為には、日々の歯磨きでのデンタルケアが何よりも大切です。食後の歯磨きによって、しっかり食べカスを取り除く事が綺麗で白い歯をキープしていく為には欠かす事ができないケアになります。例えば、歯に食べカスが残ったままの状態では歯垢が歯に付着しやすくなるので、今まで以上に虫歯になりやすくなったり、歯周病を引き起こす原因になったりしてしまいます。なので、そうならない為にも歯磨きは重要なのです。
歯磨きする際には、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の間に当てて、丁寧に歯を1本ずつ優しく磨いていくのがコツですよね。歯磨きの方法には、横磨きや縦磨き等があり、自分の歯並びに合わせて歯ブラシの毛先の向きを変えながら磨き分ける事が大切です。
しかし、通常の歯ブラシだけで歯を磨いて手入れをしても、口腔内には約60%~70%程度歯垢が残ってしまっている事を知っていましたか?つまり、実際は約30%~40%程度しか歯を磨けていないと言う事になります。なので、歯科専売歯ブラシで自分の歯に合った歯ブラシでデンタルケアを行ったり、デンタルフロスや歯間ブラシ等の補助清掃用具や歯間清掃用具を併用したりして、より適切に自分の歯を綺麗に手入れする事が歯を健康に保つポイントになります。

歯を「磨いている」と「磨けている」の違いとは?

自分で毎日しっかり歯を磨いていると思っていても、実は安心するには少し早いのです。と言うのも、歯を「磨いている」と「磨けている」とでは、歯の衛生面を含めた口腔内の環境状態に大きく違いがあるからです。歯磨きは、歯磨きに時間をかける事や回数を多くする事が重要では無く、歯に付着している歯垢をしっかり除去できている事が大切なポイントです。
歯垢を綺麗に取り除く為の適切な歯磨き方法を習得する為には、歯科医院で正しい歯磨き方法を習得する事が最も近道でお勧めです。なので、自宅での歯磨きはもちろん、定期的に歯科に通って自身の口腔内の環境状態を把握して、歯磨き方が適切であるかどうか判断できるようにする事が理想です。

歯科医院専売品
また、1日1回でも構わないので、時間に少し余裕のある時や就寝前の歯磨きでは、歯を丁寧に磨くようにすると、歯の健康維持に繋がるのでお勧めです。虫歯や歯周病の原因となる細菌が口腔内で繁殖していかない為にも、歯磨きをした後にデンタルリンス等でうがいをすると一層歯の予防効果が高まります。

歯周病予防に繋がる理由とは?

歯が歯周病になってしまう原因は、歯周ポケットの中に残っている歯垢の中に存在する細菌が発症の原因になっています。細菌が毒素を出す事で歯茎に炎症を引き起こします。歯周病の状態が悪化すると、歯を支える骨までが溶かされてしまい、歯茎の退縮が発生して歯が抜けてしまうと言う事態にも繋がってしまいます。しかし、歯周病と言うのは、適切な歯磨きで歯を清潔に保ちながら、歯垢をしっかり除去する事が日頃からできれば、完治する事もできます。
なので、歯周病対策には日頃の歯磨きが重要になります。ただし、正しい歯磨き方法を知らないまま、自己流で歯と歯茎を強く磨く等していると歯茎を傷つける原因になり、強めの歯磨きで擦過傷になってしまい、傷口から細菌が入り込んで歯茎の感染症に繋がる場合もあります。折角、歯を綺麗にしていたはずが、実は歯茎を傷つけていた、と言う事態にならない為にも、正しい歯磨き方法でケアする事が大事になります。


歯科医院専売歯ブラシ 通販楽天通販で歯科医院専売歯ブラシを見てみる

歯科医院専売歯ブラシの良さについて

歯科専売歯ブラシとは?

市販されている歯ブラシと歯科専売歯ブラシの大きな違いは、分かりやすく言うと歯科専売品であるかどうかと言う点になります。通常、市販の歯ブラシはJIS規格に基づいて作られており、万人向けの歯ブラシになっています。 しかし、歯科専売の歯ブラシは、その名の通り歯科専売品です。その人の歯の特徴や口腔内の状態にあった歯ブラシが選べるようになっており、用途や目的事に歯ブラシが綿密に設計されて作られています。

歯科専売の歯ブラシの特徴とは?

歯の発達に適した年齢別に合った種類

乳歯仕上げ磨き用
歯科医院専売歯ブラシ

赤ちゃんも乳歯が生え始めると、歯磨きが必要になります。そこで、乳幼児の歯茎に適した乳歯仕上げ磨き用が販売されています。歯ブラシの特徴としては、毛柔軟で柔らかくなっており、持ち手は保護者が持ちやすいように作られています。

乳歯列期用

乳歯列期用は、乳歯が生え揃った幼児が自分で使用しやすい歯ブラシのヘッドの大きさと持ちやすいデザインになっています。子供向けに可愛いキャラクターがデザインされている物もあります。

歯科医院専売歯ブラシ
混合歯列期用
混合歯列期用は、乳歯から永久歯へ歯が生え変わる時期なので、歯並びにも凹凸が生じる等磨き残しが多くなります。なので、歯を磨く際に小回りが利くヘッドが小さいサイズになっており、歯磨きしやすい歯ブラシの形状になっています。持ち手は少し長めになっており、6歳臼歯に歯ブラシの毛先が行き届きやすいように作られています。
永久歯列期用
永久歯列期用は、中学生から成人向けの歯ブラシになります。歯ブラシの毛の硬さ、毛先の形状、ヘッドの大きさ、持ち手のデザイン等、バリエーション豊富に色々なタイプの歯ブラシが販売されています。

歯の形状別による種類

小ヘッド歯ブラシ
歯ブラシのヘッドが細くなっており、通常の歯ブラシでは磨きにくい部分を磨く際に適しています。
矯正治療中用
歯科医院専売歯ブラシ

歯の矯正をしている際、矯正用のワイヤーや装置周辺等が磨きやすいような歯ブラシになっています。山型やU型等に毛先がカットされており、磨きやすい毛先になっています。

部分掃除用
部分掃除用は、歯ブラシのヘッドがとても小さくなっており、親知らず、歯と歯の間、歯茎と歯の境目等、細かく綺麗に磨く事ができます。矯正中の方にも適した歯ブラシとして使用できます。

このように…

歯科用の歯ブラシは、各メーカーによって歯ブラシの形状や毛の硬さ等が異なっています。なので、人それぞれの歯の悩みに応じた適切な歯ブラシで磨いてケアする事で、口腔内を清潔で綺麗に保つ事ができます。市販されている普通の歯ブラシでも口腔内を清潔に保つ事は可能ですが、虫歯が定期的にできてしまう、歯石の磨き残しが多い等、デンタルケアでの悩みを少しでも良い方向に改善していくには、歯科専売歯ブラシはお勧めです。

歯科専売歯ブラシを使用するメリットとは?

歯科専売歯ブラシは、歯ブラシのヘッドが小さく毛も細目に作られているものが沢山販売されています。なので、奥歯の隅々までしっかり歯ブラシの毛先が行き届くので、歯と歯の間を綺麗に掃除したり、歯の根元等の狭くて細かな部分に付着している歯石を取り除いたり、歯の汚れを綺麗に除去する事ができます。
また、歯科医院で推奨されているスクラビング法、バス法、つまようじ法等に適した歯ブラシを購入する事ができます。歯科専売歯ブラシは、このように歯の専門のプロの要望に叶った物しか取り扱ってくれないので、見た目にだけこだわって肝心の機能性が低い歯ブラシとは質が違います。
この事からも、歯科専売歯ブラシは高機能な歯ブラシであると言え、歯科医院の歯科医師も納得した製品になっています。なので、多くの歯ブラシが市販されていますが、歯科専売歯ブラシは使いやすく、しっかりデンタルケアができる歯ブラシになっています。口腔内の状態と言うのは人それぞれに異なるので、自分自身に本当に合った物であるか判断する事は難しいですが、その点に関しても歯科専売歯ブラシは状態に合った歯ブラシでケアしていく事ができます。


歯科医院専売歯ブラシ 通販歯科衛生士もオススメする歯ブラシをYahoo!通販サイトで見てみる